海津市社会福祉協議会ふだんのくらしをしあわせに
トップページ サイトマップお問合せ
お年寄りのために
障がい者のために
子どものために
まちづくりをしよう
こまったときは
TOP > 海津市ケアマネジメントセンター > 介護保険とは?
海津市在宅介護支援センター
介護保険とは

  介護を必要とする方の希望する生活が実現できるよう、いろいろなサービスを提供します。みなさんは、サービスのメニューの中から、介護の必要度に応じて決められた限度額の中で、希望するものを組み合わせて利用するとことができます。

介護保険のサービスを利用するには、

申請をして介護認定を受ける必要があります。


 1.申請
 市町村の介護保険担当窓口に申請をします。
(在宅介護支援センターでも代行をいたします)

2.認定調査・医師の意見書
 調査員が訪問し、本人や家族などの状況について質問します。
あわせて、本人の主治医から心身の状況についての意見書を作成してもらいます。

3.審査・判定
 認定調査の結果と特記事項・医師の意見書をもとに「介護認定審査会」で審査し、判定します。

4.認定
 審査結果にもとづいて認定をし、結果を記載した通知書と保険証を送ります。

5.ケアプランの作成
  居宅介護支援事業者にケアプランの作成を依頼します。認定結果をもとにケアマネージャーがプランを作ります。

6.サービスの利用
 ケアプランにそってサービスを利用します。
前のページに戻る