海津市社会福祉協議会ふだんのくらしをしあわせに
トップページ サイトマップお問合せ
お年寄りのために
障がい者のために
子どものために
まちづくりをしよう
こまったときは

TOP > 福祉推進委員

福祉課題を抱え、地域で困っていたり、一人暮らし老人や障害者、その他援助を必要とする本人及びその家族に対して、その人々の立場に立って問題の解決を図ろうとする際の地域福祉の推進者です。
社会福祉協議会の会長の委嘱によるもので社協組織構成員として、役割上も町内の他の役員として位置付けが望まれます。
個人として受け取る報酬等は無いものと考えてください。その属する社協等の予算の中で必要な経費はまかないますが、地域の福祉ボランティアといえます。
特に必要ではありません。しかし、人々の生活に関ってゆく仕事ですから、おのずから必要な資質はあります。
 
 ・ 当事者の立場にたてる
 ・ プライバシーを守れる
 ・ 責任感がある
 ・ こまめさ
 ・ 人間性の豊かさ
 ・ 公平さ
 ・ 近代的福祉観(福祉をめぐみと考えない)
 ・ 利益誘導がない
 ・ 見返りを求めない
 
任期は2年間でお願いしています。
ひとり当たり何世帯と決められているわけではありませんが、住民に密着した福祉活動を展開するためには、ひとりの福祉推進委員が20世帯〜50世帯を受け持つのが理想といえます。
委嘱状は社協の会長から出され、社会福祉協議会が基本の所属組織となります。
個人のプライバシーにふれる活動なので、問題を解決するという目的以外には秘密保持の義務があります。また、福祉推進委員としての活動中の事故については「ボランティア活動保険」に加入することにより一定の保障があります。
 

前のページに戻る