TOP > 職員日記

2021年07月19日

生活の変化

皆さん、こんにちは。
 ここ海津は、濃尾平野の西南端にあって、毎日蒸し暑い日々が続いています。
 屋外に出ると、皮膚に絡みつく空気はまるでサウナ。常時着用しているマスクと相まって、とても息苦しく感じます。

 コロナ禍にあって、気分も滅入りがちになりますが、それを吹き飛ばしてくれるのが、大リーガー大谷翔平投手の活躍、いや大活躍です。
 7月16日時点でホームランダービーの先頭をひた走り、投げては160キロを超えるスピードボールや切れの良い変化球で対戦相手を封じ込めます。それだけではありません。走っては俊足を飛ばしてダイヤモンドを駆け回ります。まさにスーパーマン!!
 一方、その人柄も称賛を浴びているようです。謙虚な姿勢、紳士的な態度も多くの人を虜にしています。同じ日本人として、とてもうれしくなります。

 一昔前なら、大谷投手の活躍をスポーツニュースなどテレビで報じられるのを心待ちにしていたでしょうが、今はインターネットで好きな時間に見ることができます。しかも、リアルタイムで情報を得たり、繰り返し視聴することだって可能です。
 振り返ってみると、1週間のうちテレビは1~2時間ほどしか見なくなりました。

 その代わりに身の回りの情報機器は、随分と増えました。個人的には、ビジネス用のPCに加え、ネット環境に最適なクロームブックやタブレット。お店では、スマホ決済がほとんどです。現金主義だった自分が、今では財布を家に忘れてしまうことも・・・。
 社協活動もユーチューブを活用したり、Zoom会議が多くなっています。「つながり」を絶やさないという私たちの仕事にとっては、対応しづらい状況が続いています。
さて1年後、私たちの生活はどのように様変わりしているのでしょうか。  

2021年07月19日 08:52

2021年03月29日

さくら、さくら

皆さん、こんにちは。
 百花繚乱。一気に春が来たように感じます。
 モノクロームだった景色にも、様々な色が溶け込むようになりました。

 特に目を見張るのが、桜です。
 柔らかな日差しを受けて、青天に映えています。
 市内には、多くの桜の名所があります。
 私が、特にお勧めしたいのが羽根谷です。
 ここ、社協がある「ゆとりの森」にも程近く、両側から中央に向かって延びるたくさん枝は、谷をピンク色に染め上げます。
 コロナ禍でなかったら、多くの人が河川敷を埋め尽くすのですが・・・。

 私ごとではありますが、主治医から「運動をするように」と言われています。
 マスクも手放せず、ソーシャルディスタンスに配慮するなど、予断を許さない状況が続いています。
気も滅入りがちですが、気分一新。皆さんも、周辺を散策してみてはいかがでしょう。
ひょっとすると、新しい発見があるかもしれません。

2021年03月29日 09:01

2020年12月18日

真冬の到来

皆さん、こんにちは。

 岐阜県の最南端にあって、比較的温暖といわれる海津にも雪が降りました。

 道路には、ほとんど積雪がないものの、屋根や田畑は雪化粧をしています。

 「西の山(養老山地)が3回白くなったら、里にも降りてくるよ」と、昔から地元の古老に聞かされていましたが今年ばかりは違うようです。
 突然の白銀の世界に、戸惑った人も多かったのではないでしょうか。

 報道によると、近隣地域でも凍結や積雪による交通事故があったようです。
 私は早めにスタッドレスタイヤに交換していましたので慌てることはありませんでしたが、急いで替えた人もたくさんいるようです。
 そういえば、昨年は一度も積雪がなかったと記憶していますからね。

 この地域は、伊吹おろしと呼ばれる冷たい風が冬を連れてきます。
 今ではあまり見かけなくなりましたが、市内のあちこちで大根をつるす「はさ(竹や木を組んで、稲などを掛けて乾かす設備)」があり、この季節の風物詩となっていました。
 乾いた冷たい風がおいしい「たくあん」をつくるのだそうです。
 
 懐かしいあの味。今週末は、市内の漬物店に買い求めに行こうかな・・・。

2020年12月18日 13:26

2020年10月21日

つながることの大切さ

皆さん、こんにちは。

日中は暖かいものの、朝晩は随分と冷え込むようになりました。肌を刺すような日差しも、めっきりと優しくなりました。
つい先日まで、エアコンが欠かせなかったのが、今は床につくのに毛布を引っ張り出している始末。夜長を楽しむように奏でる虫たちの調べも、いつの間にか終演を迎えています。季節の移ろいを感じる今日この頃です。

 地区社協をはじめ様々な団体では、コロナ禍にあってどのような活動ができるのか、葛藤が続いています。いつでも活動が始められるように準備に精を出すところ、3つの密を避けて手探りで動きはじめた団体、しばらく様子を眺めようと状況を注視する人たち。今は、何が正しいのか、だれにもわかりません。

 わかっているのは、こうした状況にあっても人と人のつながりを絶やさないことです。図らずも、コロナ禍を経験することで痛切に感じさせられました。久しぶりに顔を合わせたことに、満面の笑みを浮かべる人たちも多いようです。しかし、そこにはソーシャルディスタンスやマスクがあり、以前の日常とは異なります。

 新型コロナに加え、今後、インフルエンザの流行にも気を付けなければなりません。
 まだまだ、長いトンネルは続きますが、必ず出口はあります。それを楽しみにして、日々の暮らしを有意義なものにしていきましょう。

2020年10月21日 09:10

2020年09月10日

台風シーズン真っただ中

皆さん、こんにちは。

先日は、台風10号が九州方面に接近するということで、緊張が走りました。
被災された皆さんには、心よりお見舞い申し上げます。
台風の目とは遠く離れたこの地域でも強い風が吹き、その大きさを感じました。
木々の葉は、無残に枝から引きちぎられて路上に散乱していました。

今年は、日本の南海上の水温が高いとあって、特に注意が必要なようです。
気象庁では、ホームページ上で日別の海面水温を掲載しており、チェックすることが日課となっています。また、ヨーロッパ中期予報センターでは、10日後までの大気の状態をホームページで予想しています。

まだまだ、9月初めで台風シーズンの真っただ中。
被害が出ませんように・・・。

2020年09月10日 13:30

2020年07月22日

皆さん、こんにちは。

 皆さん、こんにちは。
 今年は、例年より梅雨が長いようです。
 各地で、水害が発生し、被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。
 通常であれば、たくさんのボランティアが被災地に駆けつけるのですが、このコロナ禍においてはそれもままならないようです。

 人々が、こうした状況に右往左往するのをよそに、季節は移ろいで行きます。
 木々の葉は、梅雨の晴れ間に陽の光を浴びて輝き、草たちは雨粒を得て若草色の葉をグングン伸ばします。
 虫たちは、競うように大合唱を始めました。
行事やイベントが相次いで中止されている今、身の回りに視線を移すと新たな発見があるかもしれませんね。

2020年07月22日 17:25

2020年06月01日

皆さん、こんにちは。

皆さん、こんにちは。

 新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が解除されたものの、まだまだ油断は禁物です。全国的にみても、クラスターが発生している地域があったり、追跡調査ができない感染者がいたりと、まだまだ終息したとは言い難い状況が続いています。
 
 社協活動も大きな影響を受けています。社協や地域で実施予定の事業が相次いで中止や延期に追い込まれているほか、草の根の活動も限定的です。

 こうした中、市民の動きは、少しずつ普段の生活を取り戻しつつあるようです。学校が再開され子どもたちの笑い声が巷に聞こえ始め、各種施設も時間や人数を制限するなどしてオープンするようになりました。

 今後、第2波、第3波も予想されるコロナとの闘いは長期戦になる可能性が高いようです。コロナ社会を生き抜いていくために、みんなで知恵と工夫をしていきたいものですね。

2020年06月01日 13:49

2020年04月03日

3つの「密」を避けましょう。

皆さん、こんにちは。

 新型コロナウイルスが世界中で猛威を振るっており、予断を許さない状況にあります。
 感染の拡大を防止するためには、3つの「密」を避けることが重要であるといわれています。「換気の悪い密閉空間を避ける」「多数が集まる密集場所を避ける」「間近で会話や発声をする密接場面を避ける」です。
 また、こまめに手洗いを行ったり、咳エチケットも重要です。

 職務だけでなく、プライベートでも十分注意しなければなりません。

 今後、事態が早急に終息することを、心から願っています。

2020年04月03日 16:52

2020年02月13日

 皆さん、こんにちは。

障害福祉サービス事業所海津市はばたきでは、ミュージックセラピーや造形教室を行っています。活動に取り組む利用者さんの目は、キラキラと輝き、とても楽しそうです。
造形教室で利用者さんが創作した作品のなかには、独創的でファンタジックなものが数多くあり、見ている私たちの心に飛び込んできます。

利用者さんに良い刺激を与え、右脳を活性化してもらおうと、はばたきにも美術作品を展示しています。毎月、作品を変えていこうと考えており、2月は日本画が2点です。
1点はこの季節に咲く椿。岩絵の具(鉱物を原料とする絵具)で描かれており、画面いっぱいに華麗な花をつけています。
もう1点は、ユニークな男性があぐらを組み、キセルをもっているもの。「いっぷく、いっぷく、福が来る」という賛が付けられています。

 また、デイサービス南濃でも、毎月、掛け軸を掛け替えています。利用者さんの目に留まればありがたいですね。

2020年02月13日 13:31

2020年01月08日

皆さん、あけましておめでとうございます。
本年も、よろしくお願いします。

新年を迎えたと思ったら、早1週間が過ぎ去りました。
海津市社協でも業務がスタートしています。
2つのデイサービスでは、新年にふさわしい掛け軸がかけられています。
デイサービスセンター南濃には寿老人。寿老人は、酒を好み、頭の長い長寿の神です。不死の霊薬を含んでいる瓢箪を運び、長寿と自然との調和のシンボルである牝鹿を従えています。手には、これも長寿のシンボルである不老長寿の桃を持っています(参考:ウイキペディア)。
一方、デイサービスセンター平田は、旭日静波。真っ赤な朝日と深い青で湛えた波が美しい作品です。すがすがしい旭日と穏やかな波の風景がとても神秘的でお正月らしさを演出しています。

今年が、皆さんにとって素晴らしい年でありますように。

2020年01月08日 16:53