TOP > 職員日記

2018年04月03日

新年度が始まりました。

平成30年度が始まりました。


社協の駐車場にある桜は、すっかり満開の見頃を迎えました。

時折、風が吹くと、桜の花びらがひらひらと宙を舞う姿に、仕事をしながらも、つい見とれてしまいます。

桜の見頃は短い。
けれど、桜の花びらが散る姿は誇らしく思い、地面に落ちた花びらは、ピンクの絨毯の様に思えて、心が温かくなるこの頃です。

新年度。これから、いろいろな出会いがあります。

自分らしく楽しく日々を過ごしましょう。

2018年04月03日 18:49

2018年03月28日

桜満開

 各地で卒業式、修了式があり、春休みに入った子どもたちの賑やかな声が聞こえます。耳を澄ましていると、うぐいすの鳴き声が聞こえたり、野道をみると、小さな草花も可愛く花を咲かせ、春の陽気に癒される毎日です。
 また、昨日は子どもの卒園式でもありました。長いようで短かった園生活いろんな事を思い出し、思わず目頭が熱くなってしまいました。暖かい陽気で一気に咲いた、桜の下でとびきりの笑顔、新たなスタートに不安と楽しみも感じつつ、私自身も子どもから、パワーをたくさんもらいました。

 4月のような毎日ですが、まだ3月、年度末にやらなければならない事を見直し、新年度を、すがすがしい気持ちでスタートさせていけるよう準備をしていきたいです。

2018年03月28日 18:00

2018年01月31日

あなたに合ったボランティアを一緒に!

社協では皆様のボランティア活動を応援しています。


社協内には市民活動ボランティアセンターが設置されており、そこには常時ボランティアコーディネーターと呼ばれる専門職がいます。

ボランティアコーディネーターはボランティアを必要としている方と活動したいという方を“結ぶ”役割やボランティア活動をしたいけど自分にどんな活動が合っているのか分からないという方と一緒に活動を“探す”役割、ボランティア講座などを企画し、人材育成や発掘をしたりする役割があります。

ボランティアと言っても形は様々。

空いた時間にボランティアをしてみたり、時間がなくてもボランティア活動を優先したり、趣味や特技を生かして活動したり、友達と一緒に活動したりと一人ひとり違います。

コーディネーターはそんな個別ニーズに合わせて皆様とともに活動を“探し”、まだ見ぬ相手や活動とを“結び”ます。

皆様もぜひボランティア活動してみませんか。


また、現在ボランティアセンターではボランティア養成講座として「つながりボランティア養成講座」の参加者を募っています。

この講座では代筆・代読の技術や傾聴の基本姿勢を学び、地域で困っている方への支援をしていただける方を養成します。ボランティア活動は自主性・自発性を原則とした活動ですので、養成講座を受けたから必ず、活動しなければいけないわけではありません。目的が自分のスキルアップの為でも結構です。

まだ、定員に余裕がありますので、ご興味のある方はぜひお問い合わせください。

つながりボランティア養成講座

1日目
日時:平成30年2月21日(水) 13:30~16:00 海津総合福祉会館ひまわり
内容:代読・代筆の基本と演習、個人情報の取り扱い

2日目
日時:平成30年2月26日(月) 13:30~16:00 平田総合福祉会館やすらぎ会館
内容:傾聴の基本と演習、今後の活動について

申し込み先 海津市市民活動ボランティアセンター ☎0584-55-2300

2018年01月31日 14:47

2018年01月15日

在宅介護者の気軽な交流会

唐突ですが・・・。

今、自分が抱える悩みや問題を打ち明けられる人っていますか?

自分にとって、良くも悪くも支えてくれる人、そして方向を見出してくれる人。

簡単には見つからないかもしれないけれど、
冷静に見渡してみると、案外近くで自分を支えてくれる人がいるはずです。


悩んでいることや困ったことがあると、他人に相談したくなるものです。


 「誰かに相談する時には、既に自分の答えが決まっている」とよく言われますが、
確かに自分の出した結論を誰かに肯定してほしい時に、相談という形で話を持ちかけることがあります。

自分の中で答えは決まっていて、背中を押してほしいのか?
それとも、答えが出ずに本当に悩んでいるのか?

 「答えが決まっている」場合に相談をするのは「具体的に応援をしてほしい」からです。

社会福祉協議会では、在宅で介護をしている方を対象に、介護者の交流会である
『介護者サロン』を年3回、開催しています。
1月19日に、今年度最後の介護者サロンを開催予定です。

在宅で介護されている方同士が食事をしながら、日常の介護に関する悩みや問題を打ち明け合い、
介護の豆知識や介護技術を習得するための勉強や交流する会です。

今回は、整体師さんをお招きして「腰痛改善法」を開催します。
揺らぎ体操で、10秒で骨盤矯正ができる!という内容です。

お申し込みが必要です。
ぜひ、お友達をお誘いの上、ご一緒にご参加ください。

また・・・
毎月、介護者ティーサロンも開催しています。
こちらは、予約不要で、介護者同士がお茶を飲みながら、交流できる喫茶店のようなサロンです。
以前、介護を経験した方、現在介護をしている方同士が自由に交流できる会です。

詳しくは下記窓口までご連絡ください。
お待ちしております。


*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~~*~*

    ・南濃本所 : 0584-55-2300
    ・海津支所 : 0584-53-4141
    ・平田支所 : 0584-66-3899

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~~*~*

2018年01月15日 13:01

2018年01月05日

新春


新年あけましておめでとうございます

皆さまはお正月はどのように過ごされたのでしょうか??


今日は小寒、一段と冷え込み寒い1日となりました。
この小寒の日をもって「寒の入り」とし、この日から「寒明け(節分)」までの約30日間を
「寒の内」といい、一年中でもっとも寒さの厳しい季節でもあります。
1月5日頃といえば、お正月の三が日も過ぎ、ご馳走を食べて疲れた胃腸をいたわる
七草粥を食べる七草の節句も近いですね。
七草粥は凍りついた大地から芽吹く若芽を食べることで、その年一年の無病息災を
願う伝統行事です。

寒さが厳しくなるこの時期に七草粥を食べることで、冬に負けない英気を
養いたいものです。

またこれからの時期、インフルエンザが流行してきます。
手洗い、うがいも忘れず健康に冬を乗り切りたいものです。

2018年01月05日 19:33

2017年12月28日

仕事納め

今年は本当に寒いですね。
例年この時期雪が積もることはないのですが、昨日は海津でも
雪が積もりました。

早いもので、今年もあと数日で終わりです。
社協も本日が仕事納めで、1月29日~1月3日までお休みとなります。

年末年始、皆さまはどんな事をして過ごされるのでしょうか。

やり残したこと、新しい年を迎える前にやりきりたいことなど
今いちど振り返って、自分自身を見つめ直してみてはどうでしょうか。

今年にできることは今年のうちに


皆さま、よい年をお迎えください。


2017年12月28日 18:55

2017年12月06日

よく分からないものだけど、気になってしまう生の芸術・・・

 「アール・ブリュット」って言葉を聞いたことがありますか?
 ケーキ屋さんの名前ではないですよ。
 
 意味は「生の芸術」、意識して芸術作品を作るのではなく、普段の生活の中で普通に「書いていること・やっていること(パフォーマンスなど)」を芸術としていくものです。
 別名として、「アウトサイダー・アート」とも呼ばれています。

 例えば・・・
 本人が何気なく書いている文字の羅列や独特の絵の描き方があるとします。
 それを周りの人が見て、「単なるいつもの行動、変な絵の描き方、落書き」などと捉えているものを「何を書(描)いているか分からないけど、なんか面白くない?すごくない?」と見方を変え、それを世間に出して、「芸術」としていくことです。

 アール・ブリュットの先駆者として、「山下清画伯」が挙げられます。

 ヨーロッパでは、アール・ブリュット展が開催されるなど、世界的な規模で盛り上がってきています。

 岐阜県ではまだ知名度などが低く、アール・ブリュット作家を発掘中の段階です。
 (滋賀県は日本の拠点として、積極的な活動展開をしています)

 みなさんが普段何げなく見ているものを「芸術」という視点で一度見てもらうと、ひょっとしたら、身近な人の中から「芸術家」が生まれるかもしれませんね。


 もしお時間がありましたら、「岐阜県教育文化財団」のホームページを覗いてみてください。

 http://www.g-kyoubun.or.jp/jimk/plaza/gallery.html

2017年12月06日 18:03

2017年10月24日

ある記事を読んで

 
 先日、ある情報誌の記事を読んで感じたこと。
 
 記事のテーマは「学校との協働による福祉教育を進めていくために」というもの。

 以前、仕事でお世話になった大学教授の方が書いたものでした。


 以下、記事抜粋
 
  「(子どもに)『偏見を持ってはいけない、障害者をかわいそうと思ってはいけない』と伝えると、
 
 感性が豊かな子は『私はだめな子だ』と、自らの心を開示しなくなります。

 『そうではないよ、自分の思いや失敗を謝ることのできる勇気、それと偏見をなくす努力が

 大事なんだよ』と伝える事が大切です。」     以上


 この記事を読んで、自分の心の中のモヤモヤが少し晴れた気がしました。

 障がい者の方々と接する中で、「実はどこかに偏見を持ってしまっているのでは?それによって、

 自分でも気付かないうちに相手を傷つけてしまっているのではないか」との思いがどこかでありました。

 しかし、その思いや感じたことを振り返り、否定するのではなく、失敗なら訂正し、

 偏見をなくす努力が大切だと気付かされました。

 今回、子どもの教育についての記事でしたが、大人である自分が気付かされる内容でした。

 今後、障がい者の方々と接する時はもちろん、普段の生活の中でも考えて、

 実践していけたらと思います。

2017年10月24日 08:53

2017年09月06日

秋ですね

まだまだ残暑厳しい日が続きますが、朝晩涼しく感じるようになってきました。

9月の行事といえばは防災の日・敬老の日・お彼岸、お月見、また各地の学校では

運動会も行われる所が多いのではないでしょうか。

今年の敬老の日は、9月18日(月)です。

敬老の日とは高齢者の方を敬愛し、長寿を祝う日です。

今週末の9月8日(金)、社会福祉協議会でもひとり暮らし高齢者のつどいで四日市の

ユーユーカイカンの方に日帰り温泉旅行にでかけます。

ひとり暮らし高齢者の閉じこもり防止や認知症予防、また当事者同士の交流で気分転換

の場を提供することを目的として行っており、高齢者同士楽しい時間を過ごすひと時と

なっております。

誰もがいつまでも元気に長生き、生きがいを持ちはつらつと笑顔で過ごして

いただきたいものです。


2017年09月06日 12:42

2017年08月28日

出会い

SNSが普及し、活字ばなれと言われていますが、本を読むのが好きです。
文庫やノベルなどジャンルも著者もさまざまで、子どもたちと最近読んだオススメ本を
伝え合い、共有するのが楽しみであったりします。

最近、図書館で何気に手に取ったのが「トヨタの片づけ」という本です。
いろいろなことが書いてある中で、心に留まったことがありました。

「ムダ」には「コスト」がかかっているというものです。
「ムダ」を減らすために、「モノ」を管理し、
必要なものを必要なだけ持つようにする。

日々の「ムダ」を見直すことは生活の上でも仕事の上でも大切なことなのかもしれません。

すべての本を読むわけでなないので、手に取る本はある意味出会いなのですが、
立ち止まって考えるきっかけをもらったようです。

2017年08月28日 14:55